ハードディスクにも、寿命があります。パソコンを長く使う方法。-データ復旧・修理のデータサポート

サイトマップ
  1. TOP
  2. > パソコン修理
  3. > ハードディスクにも、寿命があります。パソコンを長く使う方法。
2018.12.18
ハードディスクにも、寿命があります。パソコンを長く使う方法。

以外と、知らない方も多いです。
3年から4年で交換すれば、パソコン購入から安全に5年は使えます。普通にパソコンを使っていたら、面倒でしないです。

こんな症状なら、ハードディスク交換してください。
・パソコンから”ピコン”という音が鳴る
・Windowsを立ち上げると何回かに1回エラー表示がでる。
・インターネットにすぐ接続されない
・起動が急に遅くなった

壊れてからだと、データを移行しWindowsを入れなおし、再設定をしないといけなく大変で1日作業になります。

データサポートのハードディスク交換は、ハードディスク持ち込みも可能です。この際、容量の大きいサイズに交換も可能です。作業代(税込1万円)。もちろんデータはそのまま。

ハードディスク本体は、別料金になります。だいたい1TB6,000円ぐらいです。

3年から4年で交換すれば、パソコン購入から安全に5年は使えます。5年を経過するとWindowsも古くなり、買い換えも時期になります。これはノートパソコンになりディスクトップだと長い期間買い換え時期も長くなります。